家族

通院の朝、予報によれば昼前から雨。自転車で行こうと思っていたがあきらめる。ならば降りだす前に乗っておこうかと考えるが、はなchanの散歩へ行くことに決めた。
f0078000_18123967.jpg

彼女は、ひとりではどこへも出かけられない赤ん坊のようなもの。ましてや未熟児、いつまで生きていてくれるのかわからないが、精一杯犬生を楽しませてやりたい。
f0078000_1884680.jpg

入間川CRに入るなり、ポツポツと雨が降り始めてきた。新車を濡らすには忍びない。引き返そうかとも思うが、はなchanを思うとそれもできない。自転車は後で拭けばいいことと思い直し、いつものように安比奈親水公園まで行く。もはや末っ子同然である。
f0078000_18121240.jpg

「ハンカチを噛んで振り回す」はなchan。


※通院の結果、また薬が増えた。一向に症状が改善していない。心の病は気の持ちようとは、わかっているものの、さすがに凹む。その凹んだ自分に、嫁ごが渇を入れる。休職中の身でありながら、自転車を乗り回し、挙句は高いロードバイクまで買って、このていたらくでは当然だ。彼女が本気で心配してくれているのがよくわかる。小学生の子供たちまでもが、自分に気を使ってくれているのが痛いほどにわかる。
本来、自分が彼らを支えなければならないのに、今はその逆だ。家族ってありがたいなと思う。不安と焦りばかりが襲う。そんな生活にピリオドを打ちたい。そして家族全員を自転車の世界へといざなうのだ。

Dst ; 6.99km

f0078000_9163559.gif←お気に召したらポチッとお願いします
[PR]
by mijupapa | 2006-05-13 18:28 | 主の日記
<< 出会い 悩みの種 >>