2006年 08月 15日 ( 1 )

この時期思い出すこと・・・・・・嫁ごの巻き!!

お盆のこの時期、みなさま如何お過ごしでしょうか。
我が家では「帰省」の文字はありません。
こちら2世帯住宅、私の実家は車で1時間のトコですので・・・。良いのか、悪いのか・・・。
のんびりできますけどね♪

まだ独り身の時、この時期に入院したことがあります。「急性胃腸炎」で大変でした。
6人部屋の窓際で場所的には良いのですが、初めての入院でドキドキもの。
だって今までに何度も「見えたり、聞こえたり」したし・・・。病院はやはり・・・ねぇ・・・。
1日経ち、2日経ち、3日経ち・・・「なんだ、大丈夫じゃない。」と、思った夜・・・。きた。
夜中になんだか目が覚める。時間はわからない。また寝ようと目を閉じる。
でも、部屋のドアがあく。「看護師の見回りか・・・。」
違う・・・目を閉じていても部屋の光景が“見えている”。「・・・・・きた。」
ドアのところで深々と頭を下げ、挨拶する女性。
「このたび、この○○号室に入ることになりました。宜しくお願い致します。」
そして空いていたベッドに横たわる。「良かった、コレだけならいいや・・・。」
っと思った瞬間、金縛りに。
閉めていたカーテンが開き、こちらに向かい、布団に乗り込んで来るのが分かる・・・。
入院する前に母から教わった呪文?を、もう必死になって唱えた・・唱えた・・唱えた・・・。
軽くなるのが分かった時点で、私の記憶はない。

昨夜のことを言ったところで、誰も間に受けないことは経験上分かっていた。
誰にも言わなかった。が、朝、そのベッドに一人入院患者がはいった。
「変えたほうがいいんじゃない?」と、看護師に言おうとしたが、やはり言わなかった。
日ごとに悪化していく女性。どの抗生剤も効かず、いろんな手段がとられていた。
「連れていかれる・・・。」
その女性が入院して3日後が私の退院日に決まっていたので、退院前夜、
仲良くなった看護師に「あの夜」の話をしてみた、「あのベッドはまずいかも・・・・。」
翌日わたしは退院した。

「子どもを産んだら、もう感じなくなるよ。」との母の言葉どおり、つい最近まで「感」はなかった。
“つい最近まで”とあるのは、ここのところ、たまに聞こえる。聞こえなくてもいいのに・・・。
でも怖い感じではないので、わたしに近いところの方々なんでしょうね。

こ~ゆ~のって、遺伝するらしいです。
実際母も「この手の感覚」があって、わたしのより強いです。私の姉もあります。
うちの子もあるのかな~?!
ちなみにヨッチは3歳の頃、お腹の中からどうやって出て来たか正確に語ってました。
「急にね、明るくなって、すっごくビックリちたの!」と。

よっちよ、おまえもか・・・。

嫁でした。


(主より)実は嫁ごの仕打ちに対する主の悲鳴だったらど~する? お~、こわっ・・・。
f0078000_18382155.jpg


f0078000_9163559.gif←お気に召したら“ポチッ”お願いします
[PR]
by mijupapa | 2006-08-15 18:02 | 嫁ごの日記